読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それなりにやってるゲームメモ

主に魔神少女の攻略。スカルガのスクィグリーも。

普通の攻略⑥ 静界の氷道

実はチョロいアルさん。

  ステージギミックは滑る床。ジャンプすればいいだけなのでほとんど気にならない。

 境界内のDANGERにはトゲが居る。飛び越えた先には何も無いのでジャンプすればよい。下にはきのこ、上の足場にはおじさんの所は、上の方が近いのだが、敢えて遠回りをしてきのこの分ゲージを稼ぐのもよい。硬めの敵が居るので早めにラインを強化したいところ。

 ゆきだるまんは親も子も硬め。どちらも飛び道具を持っているので、瞬殺出来ないならば少し離れていよう。ペンギンはなかなか倒しにくい。段上から降りてきたり跳ね返ってまた上へ行ったりするので落ち着いて見極めよう。でかい氷の結晶のようなものは、攻撃すると分裂して飛んでくる。自機狙いなので撃破直後にジャンプすれば避けられる。大階段下りでゆきだるまん親の炎に追い詰められる。段差に密着すれば届かないのでやりすごそう。

 下にペンギン、上に足場の所にウィングのシェガーがある。足場の切れ目に落ちれば出てくるが、下ではペンギンが高速で往復しているので先に倒しておこう。足場から降りた瞬間にジャンプすれば、下に降りなくても取ることができる。

 風おばけは攻撃力こそ無いものの、風で自機を飛ばそうとしてくる。微妙に上下しているので倒しにくい。ただ、飛ばして穴に落とそうとするような場所はほとんど無いので特に問題は無い。

 中間を越えると床が凍りだす。一方向に進む分には問題は無いが、止まろうとしたり反対へ進もうとすると滑る。方向転換する時はジャンプしよう。

 ここでルートが分岐する。分岐と言っても縦穴で繋がっているので分岐というほどでもないのだが、落ちると上へは行けない。ジズーではどこを通ってもよい。

  • 上ルート:安全といえば安全。結晶とトゲが居るが、このトゲは地面に落ちる前なら倒せる。そこまでは床が凍っているので被弾の可能性はある。トゲ前の穴は落ちると中ルートへ行くが、氷塊が居るので踏むかもしれない。最後の通路が狭いのでやや穴を跳び越えにくいが落ちても平気。ただし下記の中下共通ルートである狭い通路を行くことになる。
  • 中ルート:落下中にウィングを使うか下からジャンプで入れる。最も敵が多いルート。硬い敵が多いので、火力が足りていればゲージ稼ぎに良い。落下中に壁に当たって右へ進めない時間が一番少ないので、一番早く進めるルートでもある。後半は下ルートと合流する。
  • 下ルート:穴があるので一番危ないと言える。穴を跳び越えたら上から氷が落ちてきて落とされる場所も。中ルートとの合流部分ではトゲが落ちてくる。中ルートならば倒せるが、下ルートからはスキルを使わなければ攻撃できない。最後の狭い通路に結晶が居る。撃破しないと通れないが、当然分裂してくる。ジャンプで避けられるのだが、通路が狭く天井に頭を打つので狙って跳ばないと避けられない。すぐ戻れば天井が少し高いので避けやすくなる。

 登りのS字にペンギン。倒しにくいので、折り返し前で落ちてくるのを待った方が安全。壁の向こうから風が吹いているが気になるほどでもない。S字後の落下途中にパワーのシェガーがある通路がある。ウィングが無いと入れない。シェガーは通路の最後にある。走って触れるので気付かないことはないだろうが、取らずに落ちてしまうと戻れないので注意。取る取らないに関係なく、S字から飛び下りる時は右寄りに。おばけ踏みます。

 氷塊、ゆきだるまん親、ペンギンを越えると狭い足場の大穴。足場は凍っているので滑る。ここもやはり止まらなければ滑らないので、テンポ良く跳べばどうということはない。微調整しようとすると逆に危ない気がする。一度に跳び越えることは出来ないので、真ん中の足場で跳び直すといい。

 

アル戦

  • 時間差氷礫:氷の礫を水平に複数個飛ばしてくる。弾速の違うものが混ざっていて、全体を跳び越えるには長い滞空時間が必要になる。速度とウィングが必要になってくる。というのが正攻法なのだが、これはアルに重なっていれば当たらない。しかもこちらの攻撃は当たるので、安全にゲージ稼ぎまで出来てしまう。チョロい。
  • 氷塊投擲:氷塊をいくつか投げてくる。角度は固定なので安地がある。最も判りやすいのは画面中央か。背景の台みたいなものに収まっていれば当たらない。ゲージで言うとCOMETとPOWERの境目。これもまたアルと重なっていれば当たらない。チョロい。
  • ディバイドアイス:黄ゲージ技。ジャンプして氷の珠を画面上部に複数設置し、爆発して小さい氷をランダムにバラ撒く。ソラのバラ撒きと比べてかなり強い。右側にも飛んでくるし、数も多く、弾速も遅いので画面制圧率が高い。珠の段階で弾幕の濃淡がある程度判るので、珠の少ない方へ行っておくと少し楽になる。アルと重なっていても避けられない。それでもアルの近くに居たほうが、次の時間差弾を避けやすい。重なれずとも、アルを跳び越えるようにすれば回避行動が小さくて済む。チョロくない。
  • エターナルフォースブリザード:赤ゲ技。自機の周囲を氷の粒が取り巻く。触るとダメージは無いものの凍ってしまう。時間で回復するが、ほぼ次の時間差弾が確定する。周囲に設置されるので動かなければ当たらないが、時間差弾の発生まで残るのでそちらの回避が難しくなる。画面左に離れていれば、ブリザードの消滅に合わせて跳んで間に合う。発生中に少しなら移動できるので調整しよう。これに続く攻撃はアルに重なっていれば当たらないので、やはりアルの周囲に居るようにしよう。重なって凍ったならば被弾することなく復帰できる。割とチョロい。

 

・テクニカルスキルを使う場合

 アッパートルネードが弱点。アルの全ての攻撃を消せる。つまりこれを出し続ければ死なない。元々重なっていればほとんど回避できるのに更にチョロい。ディバイドアイスにだけこれを使って、あとは通常ショットでゲージを稼ぐこともできる。ボスラッシュではこれがかなり有効。ソラちゃんよりチョロい。実際一番チョロいのに、何故かあまり言われない。ソラちゃんの人気すごい。そら自機にもなるわ。