読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それなりにやってるゲームメモ

主に魔神少女の攻略。スカルガのスクィグリーも。

普通の攻略④ ポーツマスシティ

パペルネ続編参戦おめでとう

  グロウパートだけだろうけどね。他のもそうやってみんな出てきそうだよね。

 境界のおばけは無理に行こうとすると倒しきれず踏みます。ゲージもほしいので止まって倒しましょう。抜けてからの槍は下のだけ避ければいいです。上のはジャンプしなければ当たりません。

 このステージのギミックである切り替えスイッチ。赤い丸いのを撃つと青に変わり、赤枠のブロックが消えて青枠にブロックが現れます。撃つ度に切り替わります。枠内に居る時にスイッチを切り替えるとブロックに埋まりますが、移動しようとすれば押した方向とは逆方向に弾き出されます。枠内で空中に居る時にスイッチを切り替えると上に飛ばされます。これを2個目のスイッチの所でやると、通路の上に行けます。枠内空中でも、切り替えの瞬間に高度がブロックと同じだった場合はブロックの上に立って埋まります。

 3個目のスイッチの上にコメットのシェガーがあります。青ブロックに乗ってジャンプショットで当たります。

 中間地点。階段の上に居る弓がやや倒しにくいです。迂闊に跳ぶと射られます。槍地帯は速度とウィングが上がっていれば跳び越えられます。足りない場合は無理せずに。ゲーム内図鑑に忘れられたナイトジャッカル。斧に判定はありません。S字には槍が設置されているので突っ込まないように。

 スイッチ地帯。前半は上へ行く必要はありません。下は通路に弓が居て避けられませんが、撃ちながら進んでいれば射られる前に倒せます。後半は上へ行くとラインのシェガーがあります。スイッチを赤にして登るのですが、最初の縦に4つ並んでいる赤ブロックにはジャンプで乗れません。先述の上へ吹っ飛ぶ方法で登ることもできますが、正攻法ではまずスイッチを青にして中段を行きます。ブーメランを倒して赤枠が切れている所で振り向き、ショットと同時にジャンプして切り替わった赤ブロックに乗ります。あとはジャンプで登れるので赤ブロックを跳んで上へ行きます。ブーメランが居るので落とされないように。シェガーはおじさんの後ろに浮いています。下に落ちても右の階段から跳べば戻れますが、速度4+ウィングで、足場から落下した直後のジャンプ猶予中に跳ばなければ届きません。ウィングが2以上なら余裕がでてきます。

 

・パペルネ戦

  • ダッシュひっかき:6ボスで唯一横方向に移動する攻撃。自機の位置まで突っ込んできてひっかく。パペルネ本体に判定は無いが、この攻撃の時だけは触ってはいけない。対空性能は無いのでジャンプすれば避けられる。
  • グラウンドインパク:パペルネから一定間隔毎に地面から衝撃波が湧く。これもまたサークルクロンと同じようにほぼインストゲージ間隔なのだが、パペルネ自体が移動してしまうので決まった位置というものはない。最も確実なのはパペルネから半キャラ分空けた位置インパクトの間隔は2キャラ分程度あるので、半~1キャラ分空ければ安全に避けられる。ひっかきを跳び越えて半キャラ、というのが基本となる。
  • エアリアルインパク:黄ゲージ技。名前はてきとー。グラウンドインパクトの逆で空中から何かが降ってくる。パペルネが向いている方向=自機の側の画面端から1/3程度を制圧する。が、パペルネに攻撃判定は無いので、狭い側に出されても然程問題は無い。この後はひっかきが来るので距離を取っておこう。一応サークルクロンで消せるが、1クロンで1発しか消せない。貫通もしない。弾数が多いのでほとんど意味は無い。避けるのが難しいわけでもないし。
  • パペルネ式迷彩シッショー 赤ゲ技。透明になる。軽く点滅するので見える。ひっかきと同時に発動し、エアリアルの発生まで持続する。透明になっていてもやられ判定はあるので攻撃し続けよう。避け方は同じだが、位置が解り難くなるので被弾率は上がるかもしれない。ひっかきは高く長く跳び越えればてきとーでも避けられるが、続くインパクトの位置取りには注意。ひっかきの前に透明になるための時間が生じるので、ジャンプのタイミングもズラされる。

 

・テクニカルスキルを使う場合

 サークルクロンが弱点。ひっかきの移動中に当てると止まる。のだが、グラウンドインパクトを避けるために結局目の前まで移動しなければならないので、逆に被弾が増える可能性がある。そのため、クロンは飛ばすより装備したまま当てにいった方が安定する。Lunaticではひっかきからインパクトへの移行が早いので特に。クロンを装備したままひっかきを跳び越えていれば倒せる。

 

 慣れれば一番弱いと言ってもいいほどのボス。確実に避ける方法があるのでボスラッシュでのゲージ稼ぎにもなる。ただ、ゲージ切り替わりのタイミングで急にひっかかれたりするので、パペルネよりもゲージを見ていた方がいい。ゲージが替わりそうになったら、グラウンドインパクトの隙間になる位置で垂直ジャンプしておくと対応できる。